理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.

理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。仮に標準体重を約60kgとすれば、蛋白摂取量は、1日におおよそ50g必要となります。
食品にふくまれている蛋白の量については食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。これらのご飯療法については、栄養士からのご飯指導で具体的な工夫について指導して貰うことも可能です。
開業医さんでご飯指導を受けられないときは、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。
ご飯を元にして得たたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓中で分解されて、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。
たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に悪影響を出します。腎機能を保つためにも、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。
とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、全く摂らないりゆうにはいけません。
腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。腎臓は尿をつくる臓器で背中に二つあって働きとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、電解質の安定を維持したり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。当然のことながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりすることが大切ですが、日々のご飯や生活の習慣を見直すことが不可欠です。
毎日のご飯についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、ご飯のメニューはどのようにしたらよいか、さらに食塩の軽減対策などを指導します。
低たんぱくご飯療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。
それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質や食塩を摂取しているかをチェックします。
摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。
日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。
糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質については性質上分解されると7〜8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に腎臓に負荷が及びます。
なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg換算0.6g/日であり、1日分で現すと30〜40g程になります。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし又は水さらしを施してから調理をおこないましょう。
茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、食材の品目や調理時の水量・形状・処理時間次第で変動します。
一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。
小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。
慢性腎臓病(2002年に、米国腎臓財団が提唱した概念です)に関しては、腎臓の機能が明瞭に改善することは少ないので、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。
一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、加工していない生の野菜や果物よりも大概はカリウム含有量が非常に高いです。
もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症を呈する危険性が多くなります。
CKD治療の主なものは薬物治療とご飯療法で、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。
ご飯療法は減塩・蛋白制限が主となり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、蛋白制限食は美味しくない、カロリー摂取が満たされないなどで、実施困難な方を多く見受けます。
腎臓病を発症した方の行なうご飯療法の趣意は、なるべく腎臓病を悪化指せない事と、健康体のキープとされます。
透析導入前の保存期の方であれば、ご飯療法を手掛ける事で腎不全への進行を遅らせることができ、透析を始める時期を遅くしていけます。
更に言えば、透析開始後も、体調を維持しながら透析に当たるために、ご飯療法は必要不可欠です。
お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎないように工夫する必要があります。
甘い味付けの食べ物には思ったより沢山のたんぱく質がふくまれているのです。
オヤツには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、余分なたんぱく質を摂取する事となります。
例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個に近いたんぱく質がふくまれます。