日々の食事で得立たんぱく質は、体を動かすためのエネルギ

日々の食事で得立たんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。
血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。
たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に悪影響を出します。
正常な腎機能であるために、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、適量は摂り入れるようにして下さい。
カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を初めましょう。
茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、食材の品目や調理時の処理時間や形状・水量により違いが出ます。
ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっているんですねよね。
背中に二つ存在する腎臓で尿がつくられ体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、その他、電解質の安定を保ったり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、これらの機能は我々の体にとってすごく大切です。腎臓の治療は持ちろん病院にきて相応の対処も必要ですが、日々の食事や生活の習慣を見直すことが不可欠です。
腎臓病における食事療法の意味合いは、なるべく腎臓病を悪化指せない事と、健康状態の維持になります。透析が必要無い保存期の間は、食事療法によって腎不全の進行をスローペースにし、透析を要する時期を極力遅くできます。
この他、透析を要する状況となっても、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は必要不可欠です。
人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。
糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質の場合分離されれば7〜8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に少なからず腎臓に負担が出ます。
それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。
体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分で捉えれば30〜40g程と言えます。
腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。
野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、加工していない生の野菜や果物よりも多量のカリウムが含まれていますね。
もし、腎機能にハンデを負った患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。
CKD治療の柱は薬物治療と食事療法になり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えるのです。
食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、減塩食は高血圧において治療をしやすくし、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められていますね。CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、あるいはカロリー不足などの懸念から、実施するのが難しい方持たくさん見られます。
推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。
仮に標準体重を約60kgとすれば、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。食品のたんぱく質含有量についても食品標準成分表で確認できます。
栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関する具体的な工夫について指導して貰うことも可能です。
仮に開業医さんに食事指導を受け付けて貰えなかったら、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、食事のメニューはどのようにしたらよいか、あるいは食塩の抑え方などを指導します。低たんぱく食事療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩を体内に取り入れているかをチェックします。
一日における排泄物を検査し計算をします。
尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。肉や魚その他卵や豆腐は結構な量のたんぱく質があり、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘い味付けの食べ物には思ったよりたくさんのたんぱく質が含まれているのです。オヤツには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、たんぱく質の過剰摂取になります。たとえば、ショートケーキひとつには卵1個程のたんぱく質が含まれているりゆうです。