腎臓が健康でない方が最近増え、問題とな

腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を作り体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧の調整を行ったり、赤血球を作り出したり、私たちの体のために重要な役割を担っています。言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切でしょうが、日々のご飯や生活の習慣を見直すことが不可欠です。
カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を始めましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、食品の分類や調理を実行する際の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きちんと搾る事で効果は高まります。
CKDの治療には薬物治療とご飯療法がメインとなり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。
ご飯療法については減塩と蛋白制限が軸となり、減塩食は高血圧において治療をしやすくし、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。
CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、その他にもカロリーが不足するなどで、実施に及ばない方も多々見かけます。推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になるでしょう。
もし標準体重が60kgくらいであれば、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になるでしょう。たとえば、食品に含まれる蛋白の量を知りたいときは食品標準成分表で調べてみるといいしょうね。
蛋白量に関するご飯療法については、栄養士の指導でいろいろと工夫してやっていけます。
開業医さんでご飯指導が難しい場合は、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介してもらい、それから専門的に意見を伺ってもいいしょうね。腎臓病時のご飯療法の大元の趣旨は、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、体調を良好に保つことにあります。
透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、ご飯療法次第で腎不全への進行を遅らせることができ、透析導入を遅らせることができます。この他、透析を要する状況となっても、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、ご飯療法は大きな意味をもちます。
ご飯によって獲得したたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。
血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、残った老廃物は尿と伴に体外へ出されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に持たらす負担が増加します。
正常な腎機能であるために、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。
けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となりますから、一定値は摂取しないといけません。
日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、ご飯のメニューはどのようにしたらよいか、あるいは食塩の抑え方などを指導します。治療用特殊食品の使用は、低たんぱくご飯療法の基本となるでしょうので、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。
それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。
24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、たんぱく質や食塩の摂取量を掌握します。
肉・魚・卵・豆腐についてはなかなかのたんぱく質が含まれているのですし、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘いものには意外に多量のたんぱく質が入っています。
オヤツは製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個相当のたんぱく質が含有されています。人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質については分解する事で7〜8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、腎臓に負担を与えてしまいます。
この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分で捉えれば30〜40g程と言えます。
腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。
濃縮加工した野菜ジュースは、加工していない生の野菜や果物よりも多量のカリウムが含まれているのです。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、常日頃から野菜ジュースを好んで摂っていると、高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。