一日の食事の種類や量についてや、食事のメニュ

一日の食事の種類や量についてや、食事のメニューはどのようにしたらよいか、あるいは食塩の抑え方などを指導します。
低たんぱく食事療法ですと、治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)用特殊食品の使用が不可欠ですから、治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。
具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)や食塩を摂取しているかをチェックします。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、どの程度たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)や食塩を摂っているのかを知ることが可能です。
近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。
腎臓は尿を造る臓器で背中に二つあって体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、その他、電解質の安定を保ったり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、たいへん重要な働きを私たちの体の中で行っています。
腎臓病治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)は当然病院で薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、毎日の食事や生活習慣(健康に良くないことを続けていると、生活習慣病を呼ばれる疾患になってしまう可能性が高くなります)を改めることの方が大切です。
薬物療法と食事療法がCKD治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)の要となり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。
そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、減塩食は高血圧治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を容易にして、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。
CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、日頃の食事よりも蛋白制限食は美味しくない、あるいはカロリー不足などの懸念から、ナカナカ実践に踏み切れない方も多く存在します。
もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。
60kg前後を標準体重とすると、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。食品のたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)含有量についても食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。
このような食事療法については、栄養士の指示でいろいろと工夫してやっていけます。開業医さんで食事指導をうけられないときは、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介してもらい、専門的な意見をもらってもよいでしょう。
食事によって獲得したたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、老廃物は尿として排泄されます。過度にたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓にもたらす負担が増加します。
腎機能を維持する上で、日頃からたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)の摂取量には目を配る必要があります。
とは言っても、たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、不足しないように補給する必要があります。腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、加工していない生の野菜や果物よりも大概はカリウム含有量が非常に高いです。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合にはさらに高カリウム血症の症状が顕れる怖れがあります。

肉や魚その他卵や豆腐は結構な量のたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)があり、食べ過ぎに注意が必要な食品です。
甘い味付けの食べ物には思ったより多量のたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)が入っています。
おやつは小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)をとりすぎてしまう可能性があります。
例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個程のたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)がふくまれている所以です。カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類は小さめに切ってから水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、食材の品目や調理時の処理時間や形状・水量によりちがいが出ます。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげんなどの豆類で約30%除去出来ます。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。
腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、なるべく腎臓病を悪化指せない事と、良好な体調の存続です。透析の要らない保存期のうちは、食事療法次第で腎不全の急激な悪化を食い止められ、透析を要する時期を極力遅く出来ます。また、透析導入後も、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は非常に重要な治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)法です。人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)・脂質があります。
体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)の場合分離されれば7〜8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、腎臓に負担を与えてしまいます。
なので、意図的にたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)の摂取量を抑える必要性があります。
体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)の量は体重1kg当たり0.6g/日もとめられ、一日分で言えば30〜40gに相当します。