腎臓病におけるご飯療法の意味合いは、腎臓病の

腎臓病におけるご飯療法の意味合いは、腎臓病の進行を遅らせることと、体調を良好に保つことにあります。
透析の要らない保存期のうちは、ご飯療法を基に腎不全への進行を遅らせることができ、透析を要する時期を極力遅くできます。また、透析導入後も、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、ご飯療法は非常に重要な治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)法です。日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、具体的な献立の工夫や、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。
低たんぱくご飯療法においては、治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)用特殊食品の使用がメインとなりますから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質や食塩を体内に取り入れているかをチェックします。
一日における排泄物を検査し計算をします。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解する事ができます。
薬物療法とご飯療法がCKD治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)の要となり、前むきにこれらの管理をおこなうことでCKDの悪化を抑制できます。
そのためのご飯療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、減塩食については、高血圧の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)を容易にし、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑制する効果が得られています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、あるいはカロリー不足などの懸念から、なかなか実践に踏み切れない方も多く存在します。
お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。
甘い食べ物に関しても案外たんぱく質が多くふくまれています。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。たとえば、ショートケーキひとつには卵1個相当のたんぱく質が内包されています。
人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質(脂肪酸エステルの総称です)になります。
体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7〜8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に腎臓に負荷が及びます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑制する必要性があります。
体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分で捉えれば30〜40g程と言えます。
カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。
茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、その種類や調理するときの処理時間や形状・水量により違いが出ます。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。
慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、これまで摂っていたカリウムの量を減らす必要が出てきます。
濃縮加工した野菜ジュースは、生の野菜や果物とくらべてふくまれているカリウムが、エラーなく多量です。
もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、普段からよく野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症を呈する危険性が多くなります。
理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。
もし標準体重が60kgくらいであれば、おおかた必要な蛋白摂取量は、一日50gです。
たとえば、食品にふくまれる蛋白の量をしりたいときは食品標準成分表で探してみて参考にするとよいでしょう。
蛋白量に関するご飯療法については、栄養士の指導で具体的に応用したご飯を造る事もできます。
開業医さんの中にはご飯指導が難しい場合もあるので、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、専門的な意見をもらってもよいでしょう。
近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。腎臓というのは背中に2つありそこで尿をつくり機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の調整を行ったり、赤血球をつくり出したり、これらの機能は我々の体にとってとても重要なのです。
当然ながら、腎臓に関する治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切ですが、日常的に健康的な生活を意識することが重要なのです。
日々のご飯で得立たんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。
血液は腎臓の内部で分離され、老廃物は尿として排泄されます。
過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓に与える負荷が増してしまいます。腎機能を維持する為にも、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。
とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、適量は摂り入れるようにしましょう。