もっとも適切な蛋白摂取量は、標準の体重で約0.8g/

もっとも適切な蛋白摂取量は、標準の体重で約0.8g/kgです。
仮に標準の体重を約60kgとすれば、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになるでしょう。食品に含まれている蛋白の量については食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思います。
これらの食事療法については、栄養士からの食事指導で具体的な工夫について指導してもらうことも可能です。
もし開業医さんで食事指導まで行き届かない場合は、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、専門的意見を頂くこともよいと思います。
腎臓病を患った方が行う食事療法のポイントは、腎臓病の進行を遅らせることと、健康状態の維持になるでしょう。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法を元に腎不全(心不全や夜間尿、血液の低下、貧血、高カリウム血症などが起こる可能性があります)が進行しないようにできますし、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。また、透析導入後も、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は必要不可欠です。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。背中に二つ存在する腎臓で尿が造られ体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、あるいは電解質のバランスを保ったり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私たちの体にとって大切な働きをしています。
言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し相応の対処も必要ですが、日常的に健康的な生活を意識することが大切です。
肉や魚その他卵や豆腐はすさまじくな量のたんぱく質があり、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘い味付けの食べ物には思ったより多くのたんぱく質が入っていたりします。
オヤツの種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーが欲しいからと言って一気に食べると、余分なたんぱく質を摂取する事となります。
例えば、ショートケーキひとつには卵1個に近いたんぱく質が内包されています。
カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類は小さめに切ってから水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、使用する食品の種類や調理の際の処理時間や形状・水量によりちがいが出ます。
ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。
小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。薬物療法と食事療法がCKD治療の要となり、前向きにこれらの管理を行うことでCKDの悪化を抑制できます。
減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、減塩食は高血圧治療を容易にして、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。
CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、栄養が足りないなどという意見で、中々実践に踏み切れない方も多く存在します。
食事を元にして得たたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、いくらかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓中で分解されて、老廃物は尿として排泄されます。
過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓に持たらす負担が増加します。腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。
ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、一定値は摂取しないといけません。人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。
糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7〜8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に腎臓に負荷が及びます。
この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。
体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分で言えば30〜40gに相当します。慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明白に改善することは少ないので、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。
野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュース(市販の野菜ジュースは栄養素が損なわれているため、必ずしも野菜の替わりにはならないでしょう)は、生の野菜や果物とくらべてそのものに含まれたカリウムの量が圧倒的に多いです。そのため、腎機能障害のある患者さんが、日頃から野菜ジュース(市販の野菜ジュースは栄養素が損なわれているため、必ずしも野菜の替わりにはならないでしょう)を多量に摂取した場合、高カリウム血症を発症する危険が高まります。
1日に何をどれくらい食べたらよいかや、具体的な献立の工夫や、減塩のポイントなどを教えます。主要な低たんぱく食事療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。