日々のご飯ではいったい何をどれくらい食べたらよい

日々のご飯ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、メニューに関するアイデアや、さらに食塩の軽減対策などを指導します。
低たんぱくご飯療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩を摂取しているかをチェックします。一日における排泄物を検査し計算をします。
日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。CKDの治療には薬物治療とご飯療法がメインとなり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。
ご飯療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、高血圧治療を容易にするには減塩食がふさわしく、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。
CKDステージ3であるなら減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、蛋白制限食は普段のご飯よりも味気ない、あるいはカロリー不足などの懸念から、実行に移せない方が数多くいます。近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。
腎臓は尿を創る臓器で背中に二つあって体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質の調整を行ったり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧の調整を行ったり、赤血球をつくり出したり、これらの機能は我々の体にとってとても大事です。腎臓の治療は持ちろん病院にきて薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、日常的に健康的な生活を意識することが大事です。
多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、カリウムの摂取量を確認し軽減する必要があります。
野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、生野菜や素のままの果物にくらべて多量のカリウムがふくまれています。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合には高カリウム血症を呈する危険性が多くなります。
人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。
糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質に関しては分解する事で7〜8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、腎臓に負担を与えてしまいます。
そのため、たんぱく質の制限が必要となります。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分で捉えれば30〜40g程と言えます。腎臓病を患った方がおこなうご飯療法のポイントは、腎臓病の悪化を食い止める事と、健康体のキープとされます。
透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、ご飯療法を試みる事で腎不全が進行しないようにできますし、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。
この他、透析を要する状況となっても、体調を維持しながら透析に当たるために、ご飯療法は大きな意味を持ちます。
日々のご飯で得たたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、いくらかは老廃物になり血液中に留まります。
血液は腎臓の内部で分離され、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。
たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に持たらす負担が増加します。
正常な腎機能であるために、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。
とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、適切な量は摂取する必要があります。推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。
もし標準体重が60kgくらいであるなら、おおかた必要な蛋白摂取量は、一日50gです。
たとえば、食品にふくまれる蛋白の量を知りたいときは食品標準成分表で確認できます。
ご飯療法については、栄養士に教えて貰いながら具体的な工夫について指導して貰うことも可能になります。
開業医さんでご飯指導をうけられないときは、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思っています。
肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けて下さい。
甘い食べ物に関しても案外多量のたんぱく質が入っています。
お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個相当のたんぱく質が入っています。
カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を具材として使うのであるなら、小さめに切って茹でこぼすか水にさらしてから調理して下さい。
茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、その種類や調理するときの処理時間や形状・水量により違いが出ます。
ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。
小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、加えて搾る作業をおこなう事で、カリウムは減らしていけます。