xJinzoU9fr5Fd

腎臓病宅配食

腎機能を保つためにも、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります

カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりてください。 茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、食品の分類や調理を実行する際の水分量・形状・所要時間に...
腎臓病宅配食

もっとも適切な蛋白摂取量は、標準の体重で約0.8g/

もっとも適切な蛋白摂取量は、標準の体重で約0.8g/kgです。 仮に標準の体重を約60kgとすれば、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになるでしょう。食品に含まれている蛋白の量については食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思います。...
腎臓病宅配食

腎臓病のうち慢性腎臓病については

腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、大抵は体内のカリウムを排泄するはたらきが低下していき、カリウムの摂取と排泄のバランスを保つためにこれまで摂っていたカリウムの量を減らす必要が出てきます。 市販の野菜ジュースは、野菜...
腎臓病宅配食

体の3大栄養素として糖質・たんぱく

体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。 体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質に限っては分解されても7〜8割は窒素を伴った老廃物に変わるため...
腎臓病宅配食

日々のご飯ではいったい何をどれくらい食べたらよい

日々のご飯ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、メニューに関するアイデアや、さらに食塩の軽減対策などを指導します。 低たんぱくご飯療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使...